工事に対して近所からクレームが起こらないようにするには

騒音に対する配慮は必要となる

リフォームなどの改修工事を行う時、絶対に避けたいこととして近隣トラブルがあげられています。近隣トラブルを避けるためには、事前に建築業者との話し合いによって、納得できる形で近隣に報告しておくことがクレームを防ぐためのポイントとなるでしょう。

特にクレームがあげられやすいポイントとして、騒音があげられています。騒音を避けられないとはいえ、できる限り近隣に迷惑にならないように配慮することが望ましいでしょう。工事関係者との話し合いだけではなく、依頼する施主が、工事前・工事後に「リフォームでうるさくなる」と近隣の家に伝えて頭を下げることは必要です。騒音によって事件にまで発展するリスクが懸念されるため、誠意ある対応が必要となるでしょう。

トラブル回避のためにはまず挨拶を

工事車両をどこに止めるのかも、近隣トラブルを発生するリスクにつながるため、あらかじめ駐車場を用意しておきましょう。現場の前に駐車場を用意できないのであれば、ある程度近い場所に駐車場があることを工事会社に伝え、そこから通ってもらう形にしてください。くれぐれも家の前の道路を占拠しないように注意しましょう。

また、境界線をはみ出さないようにすることや、埃や臭いの対策を考えて工事を行うことによって、周囲に配慮したりフォームを行えるでしょう。工事前だけでなく工事後の挨拶によって、近隣トラブルをぐっとおさえられるようになるため、近隣に配慮してくれる工事会社を選ぶことが必要です。施主だけが挨拶するのではなく、工事会社の担当者が挨拶することで、トラブルを回避しやすくなるでしょう。

中古の建機のオークションで最も注意すべき点は、現在の排気ガス規制に適応しているか否かです。製造から10年以上経過している場合、現在の基準に適合せず、日本国内で使用できない場合があります。