薬に頼らない!最新のうつ病治療に注目しよう

医薬品による治療が中心

気分の落ち込みは誰にでもあることですが、正常な日常生活を送れない、仕事にも支障が出ているという場合はうつ病の可能性もあります。放置しているとさらに状態が悪くなる可能性もありますので、心療内科や精神科での治療を受けることも考えていきたいところです。治療内容は、かなり重症化している場合は入院で集中的な治療が行われることもありますが、比較的軽度であれば通院での治療となります。治療内容は人により違いもありますが、抗うつ剤や抗不安薬などの治療薬による治療が主流です。この場合も症状や体質により合う治療方法は違いますので、薬が合わないと感じた場合は早めに医師に相談しましょう。すぐに回復するわけではありませんので、焦らず根気よく治療を続けることも大切です。麻酔もなしに治療が行えて、治療期間も比較的短いことで注目が高まっています。

薬に頼らない治療にも注目

抗うつ剤などの治療薬は改善に役立ちますが、薬には副作用があることもあり、長期に続けることに不安を感じる人もいます。さらに症状によっては薬だけでは良い回復が得られない場合もあります。そのような場合は薬に頼らない治療にも注目してみましょう。ストレスを抱えている人や認知の歪みが生じている場合は、行動認知療法やカウンセリングが改善に役立つ場合もあります。さらに、最新の治療としては磁気刺激で脳の特定の部分に刺激を与え機能を回復させていくものもあります。こうした治療は、どこのクリニックでも対応しているわけではありませんので、各クリニックの治療内容は良く調べておきましょう。

光トポグラフィーを利用すれば脳の血流変化を測定することができ、うつ病の症状がより確実に診断できるというメリットがあります。