知っておきたい!在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットは、まず第一に時間に余裕がある事です。通勤がないため、それだけでかなりの時間の節約になります。スーツやカバンの準備をする必要もありません。次に人間関係のストレスがありません。基本的に一人で作業をする事になるため、仕事上のコミュニケーションを負担に感じていた人は、その重圧から解放されます。また、仕事の効率を上げやすいです。作業に使うツールややり方に制限がありませんので、自分に向いている方法で最大効率を目指せます。さらに、作業スケジュールを自由に調節できます。自分のプライベートの予定や体調に合わせて、受注する仕事の量をコントロールすれば良いのです。持病を抱えていたり、育児や介護などで決まった時間に仕事をする事が出来ない人でも、都合の良い時に作業をする事が可能です。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットは、一人の作業なので他の人からの援助が得られにくい点にあります。自分で作業を完結させる能力が無い人には向いていません。スケジュールも自分で管理しなければなりません。また、誰も見ていないのでついサボってしまったり、気を散らしがちです。さらに顧客と顔を合わせるという事がないため、信頼関係を築きにくいのも不利な点です。高品質な作業をし続ける事でカバーする事も出来ますが、これが原因で仕事を軌道に乗せるのが難しくなっています。

始める前にメリット・デメリットの把握を!

在宅ワークは明確に向き不向きが分かれる仕事の形態です。立ち上げてから収入が安定するまである程度時間もかかるので、事前に自分に可能かどうか見極めてから挑戦すべきでしょう。

在宅のコールセンターはオフィスに出勤する必要がないので、小さな子どもがいる主婦などに人気の副業として注目されています。