BCP対策は事業継続の鍵!内容を知って実行すると良い

クラウドバックアップを作ろう

BCPはBusiness continuity planningの略で事業を継続するための計画を立てる行為です。たとえば自然災害やテロ事件がおきたときに会社が被害を受けてしまうと機能が停止してしまうため、その後の事業に大きく影響します。事業資産を守るための行為なので知っておくと良いでしょう。クラウドは近年登場した話題のサービスでインターネット上にデータ保存を出来ます。自社サーバーに情報を蓄積している企業もいますがサーバーが壊れてしまい復旧不可になるとデータが取り出せない、データ自体が破損する恐れがあるので大変です。これに対応すべくして話題を集めているのがクラウドサービスとなっています。データセンターにデータを保管するため自社サーバーに集める心配がないです。またデータセンターは強固な作りをしているので地震や津波の影響も受けにくい。365日警備もしているため安全と言えます。

社員の安全も考えると良い

BCP対策の1つにはライフラインの確保もあります。会社が地震で機能しなくなったときのために備蓄品を用意しておくと良いです。そうすれば電気が使えなくなっても食事をすることができる、また怪我にも対応できます。災害時にどこにいけば良いのかマニュアル化しておけば混乱することもないので安全です。普段から社員を集めて安全のための防災訓練をしておくとスムーズに活動できます。予め対策をしておくことが大事なのでBCPを検討してみましょう。

BCP対策とは、自然災害や事故などの予期せぬ緊急事態に遭ってしまった場合、重要業務の被害を最小限に抑え、事業活動を継続させるための行動指針です。