天井取付けタイプは取換可能?電球がすぐに切れたらどうする?

天井取付けタイプは故障まで使える

天井に取り付ける照明器具は、長らく蛍光灯を用いるものが使われていました。30ワットのものを2つ取付けたり、30ワットともう少し大きいタイプのものを取付けたりしていました。蛍光灯が暗くなると寿命なので、別途購入して取り換えて使えます。電気が点かなくなっても、蛍光灯を取り換えればいつまでも使えました。家電量販店に行くと、以前あった蛍光灯の照明がほとんどなくなっています。蛍光灯を取付ける部分にLEDの照明が取り付けられています。もし点かなくなったらどうするかです。修理をすれば直してもらえるでしょうが、蛍光灯のように手軽に交換できるわけではありません。ただし、一度購入すると10年近く使えるので、長く使えると考えていいでしょう。

LED電球が買ってすぐ使えなくなったら

LED電球のメリットは、使っているときの電気代が安くなる点でしょう。白熱電球に比べると、電気を使う頻度にもよりますが年間で数千円近い電気代が違うといわれています。電球自体は劇的に白熱電球が安いですが、いざ照明として使うとなるとLED電球の方が得になります。お得になるからとLED電球に変える家庭もあるでしょうが、取付けてすぐに使えなくなるときがあります。パッケージには何万時間使えるなどと書いてありますが、まだその時間に達していません。まずは購入した商品のパッケージをチェックし、保証期間などが書かれていないか確認しましょう。大手メーカーでは、一定期間以内に使えなくなったときは無償交換に対応してくれます。

LEDライトパネルは多彩な色で広告を作れるメリットがあるので、一押しの商品を作れば多くのお客様の目に留める事が出来るでしょう。