コストを抑えた梱包材選びは工夫次第?スチレンボードの活用で荷物を保護しよう!

スチレンボードが梱包材に適している理由の詳細

スチレンボードは発泡スチロール材を板状に形成した物です。スチロール材の特徴である軽さや緩衝性の高さを活かし、物品を輸送する際の梱包材として多用されています。また、スチレンボードは裁断が容易なので用途に応じた形状に加工がしやすい利点があります。ボードを重ねて使うことも出来るので、わずかな衝撃も避ける必要がある貴重品の梱包に最適です。スチレンボードは安価で購入出来ることから、物品の梱包材を購入する出費を抑制出来るのもメリットの一つです。軽量で扱いやすいので荷物の重量が余計に増える心配が無いのも安全性の確保に繋がっています。

荷物の梱包を上手に行うための工夫

荷物の梱包は内容物の破損を防ぐことを第一に考えることが大切です。物品を衝撃から守る緩衝材はすき間が出来ないように詰める必要がある一方で圧迫も避けることを心がけます。裁断による成形が容易なスチレンボードはすき間を塞ぐのに最適ですが、エアーキャップなどの緩衝材と比べると物品への圧迫が起きやすいことから梱包の際にはわずかに余裕を持たせるように寸法の調整には気を配ります。また、軽量なスチレンボードは扱いが容易な反面、高温に弱い欠点もあるので扱う際には注意が必要です。日光による劣化もスチレンボードの緩衝性を損なう原因なので、荷物の梱包に使う際は状態が良い物を選ぶように心がけます。スチレンボードは水を弾く性質がありますが、荷物の梱包用に裁断した物は微小なすき間が出来るので雨水に晒すなど、粗雑な扱いが出来ないことを把握することが大切です。

スチレンボードは、発泡スチロールと同じ素材から作られた適度な強度を持つ薄い板状のものです。展示場の等身大パネルや店頭のPOPなど販促ツールとしてのニーズが高く、建設業界の模型などにも用いられています。