こんなにメリットが!?CAD導入がビジネスに与える影響

色々な業界でCADを利用している理由

建築業界から製造業界まで多岐にわたって利用されているCADは、平面上で書かれている物を三次元として表現することができます。利用範囲が広く、多くの業種で製品のサンプルを作る前にある程度の概略を理解できる事、欠点をすぐに直して改良できることから、今ではビジネスで導入することが当たり前となってきました。導入前までは平面上で書かれたものを参考にサンプルを作成し、立体状になったものについて会議を重ね、販売することが主流でしたが、CADを導入したことによって、今までよりコストを抑えて商品開発ができる事、欠点を販売前に理解して直せることが大きなメリットといえるでしょう。さらに、平面上で書いていた時には見られなかったイメージの差異を明確化できるため、ファッションデザインでもスピーディーな修正が可能となってきています。

社内の業務がスムーズになるって本当?

3DのCADを導入する企業が増えてきた理由として、顧客や消費者、取引先にわかりやすく情報を提供できるからだといわれています。図面において設計者だけが見ていたかつての開発状況とは異なり、製品化には生産・営業・仕入れといった専門家ではない人でも、わかりやすくすることが必要です。3DのCADを使えば専門知識がない人でも商品開発について具体的にわかりやすく、コミュニケーションが円滑に取れるようになりました。結果として社内における商品開発面でのミスやトラブルが減り、業務が円滑に進むようになった企業も少なくありません。結果として顧客の満足度を高めるため、社内外での業務がスムーズに進むツールといえるでしょう。

電気CADとは、電気設計に特化したCADで、 電気設計を様々な角度からサポートする機能を備えたソフトウェアです。